• ホーム
  • ブログ
  • コノ塾の特徴(3) 結果にこだわる、だから 家庭学習までサポート。

コノ塾の特徴(3) 結果にこだわる、だから 家庭学習までサポート。

徹底的な学習管理

塾に通えば、勉強時間が増えるのは当たり前です。
でも週6コマ×50分通ったとしても、伸びる勉強時間はたったの5時間。
一方で、中3の成績上位の子どもの勉強時間は、週あたり平均約32時間となり、1日4~5時間に相当します。

都立高校に合格しようと思ったら、家庭学習は必須です。

そこが伸びるのが、コノ塾です。

コノ塾では、「勉強時間の見える化」「教室長との生徒面談(カルテ)」 を活用して、家庭学習時間を伸ばすことに責任を持っています。

勉強時間の見える化

コノ塾に入塾してくる生徒さんは、そもそも日常的に勉強をしていない子がほとんどです。
それがアプリで勉強時間が見える化されることにより、徐々に勉強するようになってくるのです。

コノ塾では、各生徒に勉強記録をつけてもらい(スマホで簡単にできます)、その情報に対して各教室長が毎日フィードバックしています。

もちろん、アプリを使い始めれば、魔法のように勉強時間が伸びるわけではありません。

教室長が日々の目標を設定し(「部活後に毎日10分英単語を勉強する」など)、サポートしていきます。
勉強時間が短い日があった場合には、教室長から生徒へメッセージを送るなどし、生徒の目標に沿っているかの確認をしています。

↑毎日更新される勉強時間を貼り出して、毎日勉強出来た子には花丸!💮なんてこともやっています(笑)

教室長との生徒面談(カルテ)

各生徒は1〜2週に1回、教室長と面談をし、目標に沿った約束を記載した「カルテ」 を一緒に作成しています。

カルテ記載事項(一例)

  • うまくいったこと、うまくいかなかったことの振り返り
  • 学習時間の目標
  • 定期テストの得点目標
  • 終わらせるテキストの目標
  • そのための計画作り

わかりやすい勉強スケジュールを作ることで、「何をすればいいかわからない子」「勉強が嫌いな子」でも 「今この瞬間にやり終えるべきこと」を明確にし 、生徒が各自日々勉強しやすくなるように心がけています。

またアプリ上で学習計画が予定通り進んでいなかった場合、カルテを一緒に確認したり声かけをすることで、日々の勉強に対する動機づけをしています。

勉強の習慣作りを一からお手伝いします

「本当にうちの子が毎日勉強するようになるの…?」と思うかもしれません。

しかし当塾には、塾の10分前に宿題だけやってきて、それ以外は一切勉強していないような子もたくさんいました。
そんな子たちも、 今や毎日4〜6時間勉強しています。 すごいですよね!

入試のための受験勉強だけでなく、定期テストなどにもとても重要な、日々の勉強の習慣作り。
コノ塾では、その仕組み作りからサポートしています。