• ホーム
  • ブログ
  • 【内申点×都立高校】都立町田・狛江・成瀬高校を目指す場合の内申点まとめ!

【内申点×都立高校】都立町田・狛江・成瀬高校を目指す場合の内申点まとめ!

学校の通知表に書かれている「内申点」。
これが重要なのかどうか、よくわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

内申点は、都立高校受験に大きく関わってきます。
「町田高校に行きたいけど、どのくらいの内申が必要なの?」
「内申点はオール3なのだけど、どの高校を目指せばいいのかわからない…」
と思う方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、今回は「内申点がどう都立高校受験に影響するのか」と、「都立町田・狛江・成瀬高校の内申点(目安)」を取り上げます!

まとめ

内申点がどう都立高校受験に影響するのか

  • 合否判定は、学力検査+調査書(内申)=1000点満点で決まる
  • 学力検査点と調査書点(内申点)の比率は、7:3
  • 都立の換算内申は、学力検査を行わない科目が2倍換算される

都立町田・狛江・成瀬高校の内申点(目安)

  • 都立町田高校:内申点オール4 + 5が2〜3つ + 学力検査各80点以上
  • 都立狛江高校:内申点オール4 + 学力検査各77点以上
  • 都立成瀬高校:内申点4と3が半々ずつ + 学力検査各73点以上

合否判定は、学力検査+調査書(内申)=1000点満点で決まる

そもそも都立高校の合否はどう決まるのか、よくわからないですよね。
基本的には、学力検査の得点と調査書(内申点)を合わせて、1000点満点で計算しています。

※第一次募集・分割前期か、第二次募集・分割後期かによる

  • 第一次募集・分割前期:学力検査700点+調査書300点
  • 第二次募集・分割後期:学力検査600点+調査書400点

都立高校入試は、ほとんどの場合において第一次募集・分割前期になります。

第二次募集は定員に満たない場合ですが、ほとんどの高校が定員オーバーしています。
分割後期は予め後期の人数を取っている場合ですが、実施校は、町田周辺では都立山崎高校ぐらいしかありません。また、分割後期は募集人数がかなり少ないので、注意が必要です。

都立町田高校・狛江高校・成瀬高校など、主要な高校は全て第一次募集・分割前期です。

そのため今回の記事では、第一次募集・分割前期の場合のみを取り上げます。

学力検査点と調査書点(内申点)の比率は、7:3

第一次募集・分割前期では、学力検査は5教科(国語・数学・英語・理科・社会)の検査になります。
また、学力検査:調査書点(内申点)の比率は7:3(学力検査の得点が700点、調査書点が300点)です。

学力検査の結果は5教科。各科目100点満点なので、500点満点になります。
しかし比率が7:3なので、500点満点ではなくて、700点満点に再度計算されます。

内申点は残りの300点分です。

都立の換算内申は、学力検査を行わない科目が2倍換算される

都立高校入試の際は、「換算内申」というものを使います。
5教科は当日学力検査があることから、学力検査を行わない専科(音楽・美術・保健体育・技術家庭)は2倍に計算されます。
結果、45点満点ではなく、65点満点になります。

換算内申(5教科受験)=5教科の合計 +(音・美・体・技家)×2

65点満点の換算内申は、その後 300点満点に再計算 されます。

調査書点(内申点)と学力検査点の計算方法は、以下の通りです。

男女で募集人数が異なるため、倍率・合格点も異なる

ほとんどの高校は募集が男女別に行われていることから、男女で倍率が異なります。

倍率が高ければ高いほど、必要となる合格点は高くなります。
女子の方が募集人数が少ないため、女子の方が倍率が高くなるケースが多いです。
しかしほとんどの場合、男女の倍率・合格点は、びっくりするほど大きく異なることはありません。

※倍率についての詳しいことは→【都立志望校を変えるべき!?】町田高校の予想倍率・予想合格ライン・出願するかの判断基準(令和3年度/2021年度入試)

上の説明でも結構複雑ですよね。

とにかく大事なことは、

  • 都立高校の合格点は1000点満点!
  • 学力検査の方が、内申点よりも大事。7割は学力検査の結果!
  • 専科(音楽・美術・保健体育・技術家庭)は2倍に計算されるので、専科の内申点は重要。
  • 男女の合格点は異なる。しかし、大きく異なることはない。

の4点です。

都立町田高校:内申点オール4 + 5が2〜3つ + 学力検査各80点以上

町田高校合格点:820点(Wもぎ・女子)
※合格点は、Vもぎ(男女)、Wもぎ(男女)を比較して、一番高い点数を使用しています。

町田高校を受験するには、どれだけ学力検査が得意だったとしても、オール4と、5が2つは欲しいところです。

オール4(換算内申52点)だった場合:各科目83点(合計414点)

オール3(換算内申39点)だった場合:各科目92点(合計457点)

オール4のうち、専科が1科目でも3になってしまうと、各科目85点もとる必要があります。

5教科はオール4・専科に3が1つ:各科目85点(合計422点)

また「5が2つ」と言っても、それが5教科(国数英理社)なのか、専科(音美保体技家)なのかによって、必要な点数が異なります。

5教科はオール4・専科に5が2つ:各科目81点(合計401点)

5教科に5が2つ・専科はオール4:各科目82点(合計407点)

「80点以下では町田高校には合格できないの?」と思うかもしれませんが、もし専科がとても得意で、オール5を取れるようであれば、80点以下でも合格ラインに届きます。

5教科はオール4・専科はオール5:各科目78点(合計389点)

オール4であっても全科目で80点以上をとる必要があると思うと、結構大変そうに聞こえますよね。

しかし 町田高校を第一志望としていて、さらに大学進学を目指しているのであれば、合計400点(各科目約80点)は取れた方が好ましい です。

なぜならば、入学後に周りの子たちとの学力差が激しくなってしまい、勉強についていけなくなってしまう可能性があるからです。
内申点は学校間での差異もあるので、内申点が高くて学力検査で点数が取れなかった生徒さんは、入学後に実力が追いつかず、勉強がとても大変だったりすることがあります。

一方で都立高校入試の学力検査は、基礎を中心としているため、ちゃんと必要な基礎さえ固めてしまえば、60点はとることができます。 特に3教科(国語・数学・英語)は、きちんと対策さえすれば、60点は無理なく超えることができるでしょう。

※都立入試学力検査(数学)に関する詳しいことは→【都立数学対策】過去問の正答率から見える数学の時間配分と必ず守りたい3つのルール

なので、学力検査で各科目80点以上取れるだけの実力をしっかりつけ、余裕を持って町田高校に入学した方が、入学後の苦労を考えると好ましいでしょう。

また、しっかり学力検査の対策さえすれば、オール4に届かなくても、町田高校に合格することはできます。

実際、昨年のコノ塾の卒業生に、オール4以下(換算内申51)でも町田高校に合格した生徒さんがいました(学力検査では、合計442点でした)。

だからこそ、模試の結果や過去問の結果なども加味しながら、学校や塾の先生と相談する必要があると言えるでしょう。
また、もし学力検査に自信があるのであれば、都立八王子東高校を目指すというのも一つの手です。

※町田周辺の都立高校についての詳しいことは→【町田市周辺】町田・狛江・成瀬だけじゃない!町田周辺の都立高校まとめ

都立狛江高校:内申点オール4 + 学力検査各77点以上

狛江高校合格点:775点(Wもぎ・女子)

狛江高校を受験するには、オール4程度は必要です。
それ以下になってしまうと、学力検査で各科目80点以上は取れるようになる必要があります。

オール4(換算内申52点)だった場合:各科目77点(合計382点)

オール3(換算内申39点)だった場合:各科目85点(合計425点)

オール4のうち、専科が1科目でも3になってしまうと、各科目78点は必要があります。

5教科オール4・専科に3が1つ:各科目78点(合計389点)

「5教科は苦手だけど、専科はなぜか得意」なケースであっても、各科目80点はとる必要があります。

5教科オール3・専科オール4:各科目80点(合計399点)

また似たように「5教科は得意だけど、専科は苦手」なケースであれば、各科目82点はとる必要があります。

5教科オール4・専科オール3:各科目82点(合計408点)

4と3が5教科と専科で半分ずつであるようなケースでも、各科目81点はとる必要があります。

5教科に3が2つ・専科に3が2つ:各科目81点(合計402点)

「オール4がないと、狛江高校は受けられないってこと?」と思うかもしれませんが、そういうことではありません。

上記でもすでにお話していますが…都立高校入試の学力検査は、基礎を中心としているため、ちゃんと必要な基礎さえ固めてしまえば、60点はとることができます。

※都立入試学力検査(国語)に関する詳しいことは→【都立国語対策】直前に読んで10点UPも!?国語の時間配分と取り組む順番

また大学進学を目指していたり、入学後に周りの子たちとの学力差が激しくなってしまい、勉強についていけなくなってしまうことを避けたいのであれば、合計400点(各科目約80点)は取れた方が好ましいです。

つまり、狛江高校を目指すべきケースは、以下のようなケースと言えるでしょう。

  • オール4だが、学力検査でギリギリ合計400点取れない
    →400点を優に超えられるようであれば、町田高校を目指すことも視野に
  • オール4までは届かないが、学力検査で合計400は超えている
    →400点を優に超えられるようであれば、レベルを下げずに狛江高校を目指しましょう

また町田高校に必要な点数まではギリギリ届かないが、狛江高校よりも高いレベルの高校に行きたい場合は、都立日野台高校などもあります。少し町田駅から距離はありますが、町田高校と同等レベルの高校です。

※町田周辺の都立高校についての詳しいことは→【町田市周辺】町田・狛江・成瀬だけじゃない!町田周辺の都立高校まとめ

都立成瀬高校:内申点4と3が半々ずつ + 学力検査各73点以上

成瀬高校合格点:710点(Wもぎ・女子)

成瀬高校を受験するのであれば、内申点は4と3が半々ずつぐらいは欲しいところです。

オール4(換算内申52点)だった場合:各科目68点(合計336点)

オール3(換算内申39点)だった場合:各科目76点(合計379点)

「5教科は苦手だけど、専科はなぜか得意」なケースであっても、各科目71点はとる必要があります。

5教科オール3・専科オール4:各科目71点(合計353点)

また似たように「5教科は得意だけど、専科は苦手」なケースであれば、各科目73点はとる必要があります。

5教科オール4・専科オール3:各科目73点(合計362点)

4と3が5教科と専科で半分ずつであるようなケースでも、各科目72点はとる必要があります。

5教科に3が2つ・専科に3が2つ:各科目72点(合計356点)

「73点以上って、結構レベル高くない?」と思うかもしれませんが…
本記事で繰り返しお話していますが、都立高校入試の学力検査は、基礎を中心としているため、ちゃんと必要な対策さえすれば、60点はとることができます。

※都立入試学力検査(英語)に関する詳しいことは→【都立英語対策】英語の時間配分と要注意問題5選(今からできる対処法つき!)

成瀬高校を目指すべきケースは、以下のようなケースと言えるでしょう。

  • 内申に3と4があり、学力検査で合計400点を取れない
    →400点を取れそうなのであれば、狛江高校を目指すことも視野に
  • オール3だが、学力検査で合計400点に届きそう
    →400点に届くようであれば、レベルを下げずに成瀬高校を目指しましょう

また、成瀬高校よりレベルが上の 都立神代高校や都立日野台高校など もありますので、視野を広げて見てみることもおすすめします。

※町田周辺の都立高校についての詳しいことは→【町田市周辺】町田・狛江・成瀬だけじゃない!町田周辺の都立高校まとめ

まとめ

内申点がどう都立高校受験に影響するのか

  • 合否判定は、学力検査+調査書(内申)=1000点満点で決まる
  • 学力検査点と調査書点(内申点)の比率は、7:3
  • 都立の換算内申は、学力検査を行わない科目が2倍換算される

都立町田・狛江・成瀬高校の内申点(目安)

  • 都立町田高校:内申点オール4 + 5が2〜3つ + 学力検査各80点以上
  • 都立狛江高校:内申点オール4 + 学力検査各77点以上
  • 都立成瀬高校:内申点4と3が半々ずつ + 学力検査各73点以上
  • どの高校でも、各科目80点(合計400点)は目指したいところ

内申点にとらわれず、学力検査の対策をして、第一志望合格を目指しましょう

上記でしつこいぐらいお話していますが…学力検査(特に3教科)は、基礎ができれば60点は取れます。

記述問題(数学の証明、英語の英作文、国語の作文、理科社会の記述)があるため、100点満点は難しいですが、各科目80点(合計400点)は難しくありません。
中3の夏までに記述問題以外は解けるようにしておけば、入試の時期には安定的に80点をとれると思われます。

しかし、やはり内申点は高いに越したことはありません。
入試本番でどんなミスをするかわかりませんし、もしかしたら苦手な単元が出てくるかもしれません。
だからこそ早い段階から学校の中間・期末テスト対策を行い、学校の成績を上げておくことはとても重要です。

受験校を決める段階で「内申点のせいで、ギリギリ受からないかも…!」とならないように、早めから学校の成績を上げて、入試対策を始めたいところです。